腰痛の予防腰痛の原因と改善

車の運転


車の運転は腰に結構な負担をかけているという自覚が大切です。別のページでも紹介しましたが、直立している時よりも座った姿勢のほうが腰に負担があると述べましたが、車の運転は当然、座った状態です。

さらに車の運転では振動がありますので常に椎間関節、椎間板を刺激していますので炎症、または周辺筋肉を緊張させることにつながる可能性があるのです。

それだけではありません。足でのアクセル操作がありますので、椅子に座った時のように両足をきちんと地面に付けて座ることが出来ません。これは通常右足を浮かした状態にするので左側に重心がうつり荷重がかかります。左に荷重をかけ続けることにより背骨が横にカーブするのです。

このように、車の運転というのは腰痛の原因になりやすい条件を兼ね備えています。腰痛にならないために運転を避けましょうと言いたいところですが、なかなかそうはできません。

ですので、運転時に少しでも腰への負担を軽減するための心構えをしておきましょう。これは、シートの高さを調整するという事です。高さ調整のできる車なら、モモが完全にシートに付くような高さが望ましいです。低すぎるとモモが少し宙に浮く形になるため、適度な高さに調整するようにしましょう。

逆に高すぎると、ブレーキ時に足が伸びにくくなるので安全性から言って最悪です。適度な高さが重要です。

そして、右でのアクセル、ブレーキ操作により自然と左に重心が偏りがちになりますが、極力、左右均等に負荷をかけるように心がけましょう。左右のお尻に同じ重さを感じるように心がけてみてください。

そして、適度に休憩をはさむことは事故防止にもつながるので適切に休憩をとりストレッチをして緊張させている筋肉をほぐすことを忘れないようにしましょう。

車の運転というのは腰痛に望ましくない体勢であると常に頭の片隅に入れ、腰に少しでも負担のかかならない運転というのを意識してみましょう。


車の運転に最適なソルボ


腰痛の予防
  コルセットを使った腰痛対策
  クッションを使った腰痛対策
  サポーターを使った腰痛対策
  サプリメントを使った腰痛対策
  職場を改善せよ!
  車の運転
  カバンは適度に持ち替えよう!
  低い位置での作業は膝を曲げる
  布団は何が良いの?



腰痛の原因と改善



ブログパーツ