腰痛の原因と改善

はじめに


管理人が腰痛を意識し出したのは10年以上前の話になります。重いものを持ち、それを置こうと思った瞬間にそれは起きました。「ギックリ腰」です。

10代後半だった私には何が起こったのか理解出来ませんでした。ただただ、腰に力が入らなく、味わったことのない激痛が走りました。

歩くことはもちろん、普通に立つことすら出来ませんでした。這いつくばって、病院に電話しました。当時はギックリ腰というものを知らなかったので、このとき病院に状態を話したときに初めて、「ギックリ腰」だと知らされました。

驚いたことに、そのとき電話で病院に来るなと言われました。病院に来ても出来ることは無い、一週間待てば改善すると言われました。病院にも行くことができないぐらい絶対安静を命じられました。

言われたとおり、2,3日経てば少し改善し、立つことが可能になりました。1週間経っても改善しなければ病院に来いと言われましたが、その時はすでにある程度普通に生活できるようになった為、病院のお世話にはなりませんでした。

それから数年後、激しい運動後に毎回のように腰痛になり、シップを毎回貼るような生活を送っていました。いつからか明確に覚えておりませんが、腰痛持ちになってしまいました。

腰痛になったら、何もやる気が起こりません。腰痛持ちの人にはよくわかると思いますが腰痛はそれほど苦しく辛いものです。

そんな状態を繰り返すうちに、夜中に咳をした瞬間、腰に激痛が走り左足がしびれてしまいました。その時は腰痛について多少知識も得たので、しびれがあるということは「椎間板ヘルニア」ではないか?ということで病院に診断してもらいました。

結果は、レントゲンのみをとって骨に異常なしで2,3日様子を見るという結果でした。幸いにも多少痛みが軽減したので、緊急手術の必要なしと判断されて現在に至ります。

その後も状況は何も変わらず、腰痛持ちの状態が長く続いているため、私は腰痛に関する書物などを読みあさり、自分の腰痛の原因や改善策を模索する日々が続きました。

病院で半お手上げ状態だった「腰痛」を様々な書物では改善策がいくつもあり、試しながら知識も増やして行きました。その結果、腰痛も知識を持てば痛みを軽減させる方法や腰痛になりにくい方法などを得て腰痛の根本は改善していないものの、様々な軽減方法を知ることができました。

このサイトでは管理人と同じ腰痛持ちの人に少しでも管理人の得た知識を共有し腰痛を改善、痛みを軽減できたらと願って更新しています。このサイトが腰痛持ちの人の良き情報源としてお役に立てれば幸いです。また、お役に立てるように更新していくことをお約束したいと思います。

腰痛の原因と改善 管理人



腰痛の原因と改善



ブログパーツ